注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

10.9-采访两则  

2010-10-15 12:28:00|  分类: 石酱·搬运 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

存个档。

 

=======================

宝塚男役25年の轟悠 後輩に「甘い考えはとんでもない!」

 

新闻来源:http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101009/tnr1010090701001-n1.htm

 

2010.10.9

 

 宝塚歌劇団専科の男役スターで、元雪組トップの轟悠(とどろき?ゆう)が主演する雪組東京特別公演「オネーギン Evgeny Onegin-あるダンディの肖像-」(植田景子作?演出)が、15日から東京?神宮外苑の日本青年館で上演される。轟の華やかなビジュアルは宝塚屈指。男役一筋で、今年は宝塚生活25周年を迎えた。その経験に裏打ちされたパフォーマンスは後輩のタカラジェンヌたちの旗印ともなっている。公演への意気込みや、4年後に創立100周年を迎える宝塚への思いなど、インタビューの詳報をお届けする。(萩原万貴枝)

 

 《文豪A?プーシキンの韻文小説「オネーギン」のミュージカル化。19世紀初頭のロシアを舞台に、社交界に退屈した貴族の放蕩(ほうとう)児、エフゲーニィ?オネーギンと田舎の純粋な娘、タチヤーナ(舞羽美海〈まいはね?みみ〉)のすれ違いの恋を中心に描いた物語だ》

 

 --ロシア物への挑戦は初めてですね

 

 「ロシア関係は本当に初めてです。ヨーロッパ方面は行ったことがありますが、ロシアはないですし。『オネーギン』はオペラやバレエでとても有名な作品ですが、植田先生はプーシキンが本当に描きたかったオネーギンを宝塚版として出していけたらとおっしゃっていました。ロシア貴族青年が持つ虚無感や繊細な感情を織り交ぜながら、どのように心情の変化を演じられるかが課題です」

 

 《宝塚版「オネーギン」では、ロシア革命に向かう時代のうねりや、プーシキンの自由を求める反骨精神を物語ににじませ、オネーギンの人物像をより立体的に描き出す予定だ》

 

 --植田さんとは「エリザベート」日本初演以来の顔合わせとか(当時、轟は雪組3番手男役)

 

 「植田先生は当時、演出助手をされていました。植田先生のこれまでの作品を見ていると、魂を削りながら書く方という印象があります。(「オネーギン」のけいこ場では)意見のぶつかり合いも出てくるかもしれませんが、いい舞台の幕を開けるために必要であれば仕方がないこと。見ている“方向”が一緒であればいいと思います。それに、悩まずして演じる役ほど、つまらないものはないですし」

 

 --ちなみに、原作は読まれましたか

 

 「日本語訳のものを、少しずつ。ちょっと難しい言葉だったので(笑)、想像しながら、読み返しながら進めました。しかし、私はやはり台本を一番に考えたい。それが私の取り組み方で、植田先生の書かれた一字一句を大事にしたいです。また、宝塚はビジュアルも大事ですから、その点ではどこにも引けを取らない衣装やセットなどの力を借りてロシア貴族の世界を見せられればと思います」

 

 《押し出しのある芸風をもつ美形の男役として早くから注目されていた轟。9年から5年間、雪組トップスターを務めた後、専科に異動。15年には劇団の理事に就任した(現役団員としては春日野八千代=かすがの?やちよ=〈名誉理事〉、松本悠里=まつもと?ゆり=に次いで3人目)。

 同期生には元月組トップの真琴(まこと)つばさ、元花組トップの愛華(あいか)みれ、元星組トップの稔幸(みのる?こう)がおり、宝塚史上初の同期生による4組同時トップという時代を築く。

 代表作は「風と共に去りぬ」のレット?バトラー(平成6、10、14年)、「黎明(れいめい)の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-」の白洲次郎(20年)など多数。

 日本で初めて大ヒットミュージカル「エリザベート」が上演されたときには暗殺者ルキーニを好演(平成8年)。観劇した本場ウィーンのスタッフが「男以外の何者でもない」と舌を巻いたというエピソードもある》

 

 --4年後には、宝塚は100周年という大きな節目を迎えます。宝塚にとって今、必要なことはズバリ何だと考えますか

 

 「基本中の基本はやはり『清く正しく美しく』。どれだけ時代が進んでも、人に心があるということは変わらない。生きている人間が演じ、生きている人間が舞台を見る。お客さまも見る目がどんどん上がっていらっしゃいますし、演技者としては、心をもっと豊かにして舞台に臨まなければと思います」

 

 「また、今は生活は便利になりましたが、悲しいニュースも多い。殺伐として風が吹いているような人の心のすき間を、宝塚は埋められる場所でありたい。こういう時代だからこそ、心を込めて舞台に立たないといけないのではと思います。宝塚というところは、外から見たら“お嬢ちゃん”がやっているというイメージがあるかもしれませんが、甘い考えで作品を作っていくのは、とんでもないことだと思っています。悲劇、喜劇、そして宝塚の基本であるラブロマンスと、多くの作品、質のよい舞台を仕上げていくために、妥協は一切できません」

 

 《轟は、舞台への情熱が見えない下級生には「(タカラジェンヌを)やめたら」と、時にはげきを飛ばすこともあるという》

 

 「そう言いながら、自分にもカツを入れているんです」

 

 夢舞台の探求に、ゴールはない。

 

========================================

宝塚 轟悠“ロシア物”で新境地

 

新闻来源:http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101009/tnr1010090755004-n1.htm

 

 宝塚歌劇団専科の男役スターで元雪組トップの轟悠(とどろき?ゆう)が主演する雪組東京特別公演「オネーギン Evgeny Onegin-あるダンディの肖像-」(植田景子脚本?演出)が、15日から東京?神宮外苑の日本青年館で上演される。轟は宝塚生活25周年の今年、初の“ロシア物”で新たな扉を開く。

 

 プーシキン原作の同作は、19世紀初頭のロシアを舞台に、社交界に退屈した貴族青年のオネーギンと、田舎の純粋な娘、タチヤーナ(舞羽美海)のすれ違いの恋を中心に描く。「虚無感に包まれていたオネーギンの心情をどう演じるかが課題。貴族青年ならではの繊細さを大切にしたい」と轟。オペラやバレエの演目としても有名だが、「宝塚はビジュアルも大事。その点ではどこにも引けを取らない衣装やセットなどの力を借りてロシア貴族の世界を見せられれば」と気合は十分だ。


 華やかな顔立ちと押し出しのある芸風で早くから注目された。宝塚の男役一筋で、ミュージカル「エリザベート」の日本初演(平成8年)では、観劇した本場ウィーンのスタッフが「男以外の何者でもない」と舌を巻いたというエピソードもある。15年に劇団理事に就任した後も、宝塚の伝統を次世代に伝えるべく、舞台に立ち続ける。

 

 4年後は宝塚創立100周年。轟は「悲しいニュースが多い今だからこそ、宝塚は風が吹いてる心のすき間を埋められる場所でありたい」と話す。

 

 15~21日まで日本青年館大ホール。問い合わせは宝塚歌劇インフォメーションセンター(電)0570?00?5100。(萩原万貴枝) 

10.9-采访两则 - 扇子 - 泊10.9-采访两则 - 扇子 - 泊10.9-采访两则 - 扇子 - 泊10.9-采访两则 - 扇子 - 泊

(寺河内美奈撮影)

  评论这张
 
阅读(131)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017